オルタナへどうぞ

 

コンピュータをつかった自然農法を研究しながら、農作物を栽培しています。また、農業

エレクトロニクス関連の相談をお受けしております。

農業に必要なネットワーク、畑の監視システム、メカを使った省力化農業機械、乾燥機械、

加工機械など巾広く、農業の省力化に関する相談をお受けしております。



コンピュータ事業の経験者がコンピュータの力を利用して農業関連の事業を推進させる事にトライしている会社です。

 

● 自然の力を利用した農法は、コン ピュータの力を利用して、効率の良い農業をする事が必要です。その中において、オルタナ村事業部では、

実際に農作物作りをしながら、最適な農業機 器のニーズを探っています。

 

● 現在では、韮崎市穂坂町の土壌が、根菜系が非常においしいものが作れる事がわかり、さつまいも作りをしております。さつまいもを自然農法でつくり、草、水、病気との戦いをしながら栽培研究をしています。

 

● いろいろ苦労しながら栽培し研究をしています。できあがった“さつまいも”はほしいもとして加工して、商品化をしました。農薬を使わない自然なおいしさと云うことで喜ばれて、評判となり、今では人気商品になりました。

 

● 商品はほしいも”ほしか”と いう名前を命名し販売をしております。ほしいもでは絶品と評価を頂いております。また、山梨は果物が盛んで、桃、ぶどう、さくらんぼ、柿、りんご、ブルーベリー、オリーブなどたくさんの果物がありこれら商品化にも取り組んでおります。

 

● オルタナ村事業部はコンピュータ技術を利用して、自然農法を推進する事で今後もいろんな事に挑戦し開発を進めてまいります。ご期待ください。


 

山梨県韮崎市穂坂町の土壌は、粘土質で土としては作物がつくりにくいのですが、根菜系の作物がおいしいものが収穫できます。

 

オルタナのさつまいもはこんな事からつくりはじめて6年本当に良いさつまいもが収穫できるようになりました。今年は収穫もよく、10月になり、いもほりを開始しました。蔦を切りいもほり機でほりあげます。収穫後1ヶ月 熟成倉庫に入り、デンプン質が糖分に変わるのを待ちます。オルタナでは、無農薬で草との戦いでを育てています。こだわりの栽培方法、自然の力を利用した、最高な味に挑戦しております。

 

ほしいもへの加工は11月中頃から開始して、12月から出荷が開始される予定です。